海理団ギルのSalon CHACONNE

最近、マイブームでもある海雲台のカフェ通り海理団ギル。前回に続き今回も大人向けのカフェを紹介します。このSalon CHACONNEは、紫色をテーマカラーに、グランドピアノやヴァイオリンなどをディスプレイしたインテリアが特徴。写真にあるようにコースターやスプーンなども音楽をモチーフにしたものを使っているので、そのあたりも要チェック。時間によりピアノの演奏もあります。オーナーが音楽家と聞き納得!海雲台オンニ推薦のグレープフルーツオーレは、コーヒーのコクとグレープフルーツの酸味のハーモニーが秀逸な味わい。海理団ギルのカフェは比較的遅めのオープンですが、ここは11:00から営業しているのもうれしいです。

☆紫色と茶色が調和する空間。クラシックが似合います
☆海雲台人おすすめのグレープフルーツオーレ(右)
☆通りから少し入ったところ。紫色の外観が目印!

●Salon CHACONNE 釜山市海雲台区佑洞552-3 ☎️010-7491-1112 11:00〜22:00

にほんブログ村 グルメブログ 韓国食べ歩き(大韓民国)へ
一票をお願いします!


にほんブログ村

海理団ギルのHaeoraby

最近、お気に入りの海雲台のカフェスポット「海理団ギル」。旧海雲台駅の裏手にカフェやレストランが増加中のエリアですが、またまた行ってきました。今回は海雲台オンニが「比較的静かに、芳香なコーヒーが飲めるよ」とHaeorabyに連れて行ってくれました。ここではSPECIALTY COFFEE ASSOCIATIONの承認SCAトレーナーのオーナーによる厳選のコーヒーを提供。店内にはコーヒー豆の焙煎室もあり、芳しい香りがふわりと漂っています。

オフィスビル(海理団ギルの看板が立つ)の3階にあるためか、土曜の午後も全体的に閑静な雰囲気。シンプルな内装に三方の窓がアクセントとなった明るい空間です。屋外スペースも魅力的でしたが、暑い日だったのでエアコンの効いた店内で、のんびりと1時間。

アメリカーノ、エスプレッソ、ダッチコーヒーと迷いましたが、結局、カプチーノ(6000W)にしました。ストロングな味わいのカプチーノは私好み。アタリでした!ル・クルーゼの厚手のカップがおいしさをいっそう引きたてます。

店内にはダッチコーヒーの器具やコーヒー豆がずらり。次回はオーナーにToday’s specialを聞いて、試してみようと思います。一人でも立ち寄りやすい、大人向けのカフェです。


にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ 韓国食べ歩き(大韓民国)へ

気軽さがうれしい☆COMPOSE COFFEE

韓国では「ごはん→コーヒー」という流れが定着しているため、釜山滞在中はカフェの利用頻度が高いです。日本同様に自国のカフェチェーン、外資のカフェチェーン、個人経営のカフェの3種に大別されますが、韓国のカフェは全体的に高いなと感じます。日本の場合、ドトールやベローチェ、サンマルクなどのお手ごろカフェが充実しているので、20分ぐらいの半端時間にも気軽に入れますよね。スターバックスは韓国では日本よりも価格設定が高く、そのほかのチェーンもアメリカーノは4000〜4500Wが主流です。そんな中、最近はCOMPOSE COFFEEやEDIYA COFFEEなどのリーズナブルなチェーンの店舗も急増し、半端時間に利用しやすくなりました。

☆店内はシンプルながらもスタイリッシュ!
☆口福!気のおけない友人たちとコーヒータイム

写真はセンタムシティのBEXCO近くの店舗です。今まで行ったほかのCOMPOSE COFFEEよりも、空間が広くておしゃれな感じでした。オフィス街のためか、持ち帰りのお客さんが多く、ランチタイム後も席は余裕で空いていました。さて、アメリカーノですが、イートインは2500W、テイクアウトの場合は1500W。コーヒーもまろやかな味わいで、コストパフォーマンスかなりいいです♡ また、利用したいと思える一軒です!

ちなみに先日、出張で釜山に来ていた日本男子2名が海雲台市場でビールと焼酎、海鮮チゲを食べて27000W。その後、私も加わり、HOLLYS COFFEEに行き(ケーキ2個とコーヒー3杯)、35000Wぐらいになり、「食事より高い〜〜〜っ」と驚いていました。

にほんブログ村 グルメブログ 韓国食べ歩き(大韓民国)へ


にほんブログ村

海里団ギルのBEE COFFEE

海雲台で大注目のカフェ通り「海理団ギル(ヘリダンギル)」。旧海雲台駅の線路向こうの一画に、こだわり感ある食堂、ステキなカフェやバーなどが自然発生的に並んでいます。私も行くたびに、一軒ずつ、各店のコンセプトや空間を楽しんで見たいなと思っています。

海理団ギルの中心部にあり、白亜の建物がひときわ存在感を放つ「BEE COFFEE」。その名の通りハチのマークと店内随所に飾られている美しい観葉植物が特徴です。8:00〜翌1:00という営業時間も大きなポイント(この辺りはお昼近くからの営業が多いです)。ホテルでの朝食後、散歩がてら立ち寄るのもおすすめです。これからの季節、ナイトウォークにもいいかもしれません。

☆キュートなハチのマークが目印です
☆カウンター横の機械(韓&英)で注文します
☆番号を呼ばれたらメニューをピックアップ
☆韓国的!天井はシャンデリアと植物のコラボ
☆私はプライベート感あるテラス席へ

2階にはテラス席、そして、ルーフトップもあります。この日はメンテナンス中で写真は撮れませんでしたが、1階の奥には植物に囲まれたサンルームのような空間もなかなかです。カフェラテも濃いめの味で私好みでした(5000W)。

ちなみに海理団ギルの名は、経理団ギル(ソウル)や皇理団ギル(慶州)に因んだそうです。もちろん、海理団ギルのは海雲台です。このエリア、現在進行形。これからどんなカフェが増えていくのか、期待大です♡

にほんブログ村 グルメブログ 韓国食べ歩き(大韓民国)へ
クリックお願いします!


にほんブログ村

海雲台 尾浦☆パサージュのようなカフェ

海雲台にはお気に入りのカフェはいくつかありますが、尾浦港を散歩中に発見した尾浦コルモクのMAISON COTEは、まさに足で稼いだ(?)的な面からも大好きなカフェです。海雲台LCT超高層ビルの建築現場の隣に、細く続く路地裏にカフェや工房があります。そのランドマーク的存在がMAISON COTEです。ここはカフェ、レストラン、アートショップなどの複合体で、建物内部も小路のようになっていて、パリのパサージュのような趣きがあります。店長さんに聞いてみると、オーナーはパリに住んでいたことがあるそうで、なるほど!と感じられました。コーヒーはタイの山岳地帯で栽培されるドイチャンコーヒーを使用。しっかりした飲み口のおいしいコーヒーです。場所は尾浦交差路から海へとまっすぐ続く道の右手です(東海南部線散策路より手前)。

カフェは尾浦コルモクの入口です
奥のカフェスペースは広々としています
恋人同士には隠れ家的な席も!
アートショップには大好きなマティスも!
ルーフトップからは尾浦港が目にできます
にほんブログ村 グルメブログ 韓国食べ歩き(大韓民国)へ
クリックお願いします


にほんブログ村